スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プランジャ~!

今日は「小田原城北條六斎市」ライブに向けての本番直前、最後の練習となりましたが、出席者の数、練習のテンションはちょっと緩めの雰囲気。

先日の東急コンサートの時の曲が中心とはいえ、何曲かは新たにやる曲で、それなりに難しいのもあります。

真珠の首飾り
真珠の首飾り

人気blogランキングへ

FC2 Blog Ranking
その中にヴォーカルなしのグレンミラー・ヴァージョンの『 Tuxedo Junction 』があります。

この曲、トロンボーンは最初から最後までプランジャー・ミュートを使い「ドゥワ、ドゥッ、ブワ~」と繰り返す曲で、単純ながら雰囲気を出すにはなかなか難しい渋い曲です。

そのプランジャー・ミュートとは、トイレのつまりを直す時に使う、ゴム製の「スッポン!」とやる、お椀状の形をしたものですが、練習でコンマスN野さんの指摘によると、意識してやらないとかぶせてる時とはずしてる時の違いがあまり出ない、違いが聞いていてわからないということで、開閉の動作ハッキリさせると共に、吹き方もそうイメージして吹いてとの指示。

これがいつも使ってるプランジャー・ミュート

プランジャー


トロンボーンの場合は、てっぺんの穴の部分に左手の中指を入れて、その手の平の腹の部分でベルをささえて持って開閉させるんですが、楽器を支える部分を動かすわけなので、たたでさえ安定が悪い上に右手でスライドを動かすとなるともうこれはタイヘンです。フレーズによっては音にならなかったりします。

『 Tuxedo Junction 』の場合は音の移動はほとんどなく(というか2音しか使わないし続けて動かすことはない)、全然難しくはないんですが、「見た目に違いがわからないから(ベルから)もっと離して」なんて言うもんだから「それはムリっす~」ということに。

以前にも別の曲ですがこんな注文が出て、トロンボーンにはそれは無理と言ったのに憶えてないようです。
今回も「いや、それはちょっとできないんですけど・・・」と言っても納得しないようなので困ってると、N野さんの隣のK谷さんが「トロンボーンには無理ですよ」と言ってくれてようやく納得。というかあきらめた(?)

誰かに支えてもらうか、スタンドとかで固定しないとムリでしょう。

でも本当はもっとうまくやる方法があるのかなあ・・。
シアズのサイト見てたら、このグレンミラーの『 Tuxedo Junction 』をやるためにあるような名前のこんなの見つけました。

グレンミラー・プランジャー


読んでみると「ご存知金属の持ち手をつけた独特な形のグレン・ミラー・プランジャー。ピクシー・ストレート・ミュートと同時使用で”Doo-Wah(ドゥーワァ)”の効果音を出します。」とのことで、ピクシー・ストレート?と思い見てみると

ピクシー・ストレート


う~ん、このセットでやるとうまく行くのか?というかこのセットを揃えるべきなのかな。O原さん、どうなんですか?


この他にも『 Little Brown Jug 』や『 String Of Pearl 』などもやりますが、グレンミラーは「強弱」!これに尽きますね。(あ、『 Little Brown Jug 』のソロはO原さんお願いしますね)

本番は野外で、現地に集合したらリハもなしにいきなり始めるようなので不安はありますが、お客さんってどうなんだろう。
今回初めて参加するイベントなので色々分からないことも多いですが、天気も良さそうなので楽しみではあります。


あ、それとこの日の練習の終わり際、骨折でバンドを離れていたが、大学院も卒業し今年から社会人となったTbのJ太郎が久し振りに現れました。が、まだ左腕が良く曲がらずトロンボーンも吹けないし、仕事に専念するということで、Swing Bacchusも卒業ということで、その挨拶に来たということです。

う~ん、やっぱ寂しくはなるし優秀なトロンボーンニストがいなくなるのはバッカスにとっても大きな損失ではありますが、いつでも席は空けて待ってるんで(という訳にはいかないかな?)吹けるようになったらまた一緒にやろう!


人気blogランキングへ

FC2 Blog Ranking

関連記事

コメント

プランジャーミュートの件

ご指名ですので書き込みます。楽器関係では物持ちの私ですので、トイレ用プランジャーも、例のプロから貰ったそれより小さいものも持っていますし、グレンミラープランジャーも使ったことがありますが基本的に扱いにくさは同じだと思います。オープンのときなるべく開ける様に意識するしかないと思います。因みに、今Glenn Miller物語のDVDのTuxede Junctionの演奏場面を見てみましたが、我々がやっている程度です(因みに、この映画の中での演奏は本当に吹いているようですネ。驚くのはJames Stewartも吹いている・・・少なくともポジションはあっている・・・ことです)。あれ以上やれというなら当バンドのコンマスにトロンボーンを持たせて見本を見せてみろというしかなさそうです。
あ、それとLittle Brown Jagのソロは先週良かったですよ。New Glenn Millerはかなりモダンなソロをやっていますので例の書き譜にこだわる必要はないと思います。

2006/05/03 (Wed) 22:31 | O原 #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。