スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第二部レビュー!(その6)

多摩東急会ジャズコンサート、第二部レビュー、まだまだ行きますよ。

さあ、いよいよ向井さんの登場です。
曲は『 Theme From Lupin Ⅲ 』「ルパン三世のテーマ」です。

Mariko & Mukai


人気blogランキングへ

FC2 Blog Ranking
演奏のレビューの前に、この曲の表記について、プログラム作成者の私は他の曲が英語表記だったのでこの曲はどうしましょうかと、Swing BacchusのML(メーリング・リスト)で聞いてみました。

日本語で「ルパン三世のテーマ」なら何も問題はないけど、英語(この場合はフランス語か?)だとどう書くか?と思ったので、ネットでも調べては見たけど普段あまりメールのやり取りもない、事務的な連絡手段となってるMLにも意見を求めてみました。

問題は「三世」の部分で、ルパン・ザ・サードなので3じゃなくローマ数字のⅢだろうということになりましたが、サントラ盤など数あるルパン関係CDの中には『 Theme From Lupin 3 』と書いてあるものもあり、どれが正しいのか分からなくなりそうでした。まあ、本当はⅢと書きたいけどフォントの関係で3にしたのか、単にWeb上では文字化けのおそれもあって3にしたのか、分かりませんが。(案の定OS9のMacでは(企)なんて表示されてます・・・)

この時ばかりは、ほんの一部のメンバーだけですが盛り上がりました。このブログもちょくちょく見てくれてるとは思いますが、本当にコメントとかに書き込みはありませんので、寂しい気はします。(ブログランキングも確実に下がってきてます!もうほとんど見てないのかも)他のバンドもこんなもんなんでしょうか。


以上、グチっぽくなってしまいました。失礼しました。

さて、演奏ですが、アレンジはTb奏者で自身のビッグバンドでも有名なツノケンさん(角田健一)。の音域の低い簡単な方(らしい)ですが、構成をコンマスN野さんがかなりいじりましたので、ツノケン&N野のSwing Bacchusオリジナル(とまでは行かないか)になってます。
これを向井さんフィーチャーで、というのもN野さんのアイデアで、テーマの後半部分のメロディとアドリブ・ソロをやっていただきました。
曲は軽快な全編4ビートのビッグバンドジャズになっていて、途中のSax Soliのカッコいい曲です。絶妙に絡むホーンとドラムも聴き所です。

Lupin


第二部開始前には舞台袖で、向井さんにどんなことを聞こうと考えていたであろうMarikoさんが「どうして向井さんがルパン三世なの?」との問いに、「(峰)不二子のファンということにしとけば?」などと無責任なことを言いつつ始まったんですが、向井さん本人も「昨日リハーサルに来たらこれを吹けと言われたので・・・」ということで、「峰不二子のファンだとも聞いたんですが・・」との問いかけには「いや、見たことないんですよ。」と、まあ正直に話され、それはそれで向井さんの人柄が感じられる一幕もありました。

でも始まると一切手抜きなしの、今まできいたことのないルパンを聴かせてくれました。もうちょっとTbフィーチャーになるようアレンジできれば良かったかなと個人的には思いましたけど、中盤から終盤へかけての盛り上がりに最適な曲になりました。



さあ、第二部もあと一曲です。(つづく)

人気blogランキングへ←応援よろしくお願いします!

FC2 Blog Ranking←もういっちょ!ありがとうございます!


関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。