スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第一部レビュー!

いや~、本番が終わったら先週からの疲れがどっときたのか、今週はやたら眠くてなかなか更新が進みませんでした。

ではまず第一部のレポートです。

第一部はビッグバンドテーマ特集「Swing Bacchusの演奏でお届けするBig Bandのバンドテーマ曲集」

Leap Frog


今年も昨年と同じ曲『Leap Frog』でスタート。Les Brown楽団のテーマ曲です。実は今回のテーマは、昨年のこの曲を含むいくつかのバンドテーマをやったところ、お客様からのアンケートの「バンドテーマ特集はどうか」というところからアイデアをそのままいただいたという訳です。

人気blogランキングへ

FC2 Blog Ranking
第一部の曲目は次の通り。

1.Leap Frog : Les Brown(Joe Garland/Joe Garland)
2.Take The "A" Train : Duke Ellington(Billy Strayhorn/Billy Strayhorn)
3.Singing Winds : Ralph Flanagan(Ralph Flanagan/Ralph Flanagan)
4.Tuxedo Junction (Vocal) : Erskine Howkins(Erskine Howkins/David Caffey)
5.Blue Flame : Woody Herman(James Noble/Joe Bishop)
6.Let's Dance : Benny Goodman(Fanny Baldridge/Fletcher Henderson)
7.Moonlight Serenade : Glenn Miller(Glenn Miller/Glenn Miller)
8.One O'Clock Jump : Count Basie(Count Basie/Ernie Wilkins)

今年は演奏を始めてから司会が入ってきてしゃべるというふうに、事前に打合せをし、そのとおりに東急の丹澤さんが入ってきてくれました。
しかもちょうどいいところでアウト。さすがです。

余談ですが、今回来てくれた私の大学時代からの友人(西荻在住)が丹澤さんと同じ合気道をやってて知り合いだったということです。いやビックリです~。ホントに。奇遇です。

今回はちょうど入試の時期ということもあって、筑波大学の先生でもあるT.SaxのWさんが出られず、高砂ジャズオーケストラよりK林さんにトラとしてきていただきましたが(ちなみにバンマスO原さんとコンマスN野さんはこのバンドにも所属)、いきなり1曲目からのソロを無難に決めてくれました。

で、一曲目終了後Marikoさん登場。
チラシを配ってたら「ビッグバンドっていうバンドなんだ」って言われたそうですが、・・・・そうです。知らない人からすればどんなバンドかなんてわからない訳ですから、少しでも興味を持ってもらえるよう説明することも大事です。
しかしS、M、Lを大きさの程度を説明するのに出すのは親切過ぎ?

そして2曲目は言わずと知れたDuke Ellingtonの『Take The "A" Train』

Mr.Kagaya


ひとりだけ粋な帽子をかぶりダンディにソロを決めてくれたのは、2ndTpK谷さん。
コンマスのN野さんの旧友でもあるんですが、昨秋新宿駅で偶然N野さんと会ってしまいSwing Bacchusに引きずり込まれてしまったという元プロ。しかしこの日とんでもないダジャレオヤジであることが判明。控え室から打ち上げまでずっと飛ばしてくれました。

この曲実はTpとTbにはミュートを使うところが多く、特にTbにとっては、楽器をささえる片手を使わなければならないプランジャー・ミュートが頻繁に出てくるのでかなり演奏しにくいというか、忙しいんです。
それも最後の方はかなりテンション入ったハーモニーだったりするので、聞いてる人にとっては合ってるのか間違ってるのか微妙かも。

そして次はRalph Flanaganの『Singing Winds』。実は今回、この曲だけのために呼んだと言っていいゲストをお迎えしてました。
コンサートでは特にゲストとしては紹介しませんでしたが(それどころかメンバーの一員みたいに向井さんへの花束贈呈までやっていただきました。(汗))、1stTbとして来ていただいたのは美人トロンボーン・プレイヤー東條あづささん。

というのも、バッカスのメンバーであるTbのJ太郎(筑波大大学院生)が昨年末左腕を負傷してしまい、リハビリを続けてたんですが本番には間に合わず、Tbセクションで一番高い音が出るので1stを任すつもりだったがやっぱり東急コンサートではヌキはマズイだろうということで、急遽来ていただきました。

特にこの曲では私やO原さんにとっては命中率の低いHi Cが出てくるので、あづささんにおまかせ。でもこの曲はゆったりしたテンポながら長くて高い音が続くフレーズが多く、ホントに苦しいんです。おまけにミュートのつけはずしのタイミングが短く、ほとんど放り投げるようにしてはずして恐怖の長フレーズを吹かなきゃいけないという、短いけどこの曲だけでかなりの体力を消耗する曲です。

でも本番ではいままでにない一番のデキでした。(あづささんありがとう。)


そして次は、MarikoさんのVocalで『Tuxede Junction』。
今回演奏したのはGlenn Miller Versionで、Swing Bacchusでは割とやり慣れた曲ではありますが、今回久し振りにやったのでちょっとぎこちなかったかな。
今回Marikoさんは一度袖に引っ込んで、上着を脱ぎボーラー(山高帽)をかぶっての登場というタキシードにピッタリの変身を見せてくれました。

TuxedoJunction


そして『Blue Flame』。ゆっくりな、そしてまったりしたブルースですが、この曲を始める前、前にいるTSaxのOG原さんがこちらを振り向き「C(の繰り返し)は2回だよね?」。
この曲は譜面では2回繰り返しのところが多いが、長くなるので1回にしてたりしてるんだけど、パートによって書き方が違ってたようなので「あれ?どうだったっけ・・?」と返答できず固まってるうちに始まってしまう。

そしてバストロのS水君のソロ(カッコイイぞ!)、N野さんのソロと続き、PianoとSAXのテーマに戻り終わり?と思ったがあれ?終わらない。
この曲Tbはプランジャー・ミュートをほぼ持ったままOPEN,CLOSEを繰り返してて、最後はまったくOPENにするのでもう手からはずしていたんだけど、終わらなかったのでOPENのまま同じフレーズを繰り返してたらSAXも弱~く吹き続けてて、もう一回りしてようやく終えられました。
MrShimizu

う~ん、本当はどうだったんだろう。(汗)でも今回は本番前に確認してなかったなあ。去年は一曲一曲全員で構成を確認してたんだけど・・・。なんでだろう。

とまあ、ヒヤヒヤしつつも続いて『Let's Dance』。
この曲も結構やり慣れていて、クラリネットのS川さんもこなれてるのでさっきとは打って変わってノビノビと演奏。

とこの曲が終わったところで、なぜかSwing Bacchusのメンバーにはインテリとデザイナーが多いという話から、今回のポスター、チラシとかのデザインを担当した・・・とMarikoさんにより紹介を受ける。もちろん事前にはなにも聞いてなかったけど恥ずかしながら立って一礼。そして軽くバッカスの構成メンバーについて説明。

そして次は『Moonlight Serenade』。
これもライブのたびにやっている、これまで一番数多くやってる曲ではないだろうか。数年前、夏の合宿で谷口さんにも賞賛されたこともあります。
お客さんからすると「谷口さんが出るんだから谷口さんが吹かないのかな」とか思うかもしれませんが、S川さんも良いですよ。向井さんの先輩ですからね。(?)Swing Bacchusの『Moonlight Serenade』はますます進化していきます。

そしてついに、というかやっと?第一部最後の曲『One O'Clock Jump』。
ご存知Count Basie楽団のエンディング・テーマ。いろんなアレンジがありますが、大体後半盛り上がるパターンが多く、今回のもそういうかなりハデ目に終わるアレンジ。
今回はアタマのピアノソロに続いてTSax、Tb、Tpがソロをとりメインテーマに入りエンディングというパターン。
ソロはステージの前に出て吹くことになってたので、テナーのOG原さんが終わりそうになったころ歩を進めていったが、終わって一礼したOG原さんが戻ろうとした時その横のマイクの前に行こうとしてた私と一瞬ぶつかりそうだったので、ちょっと後ろに引いたところマイクから離れたところから吹き始めることになった。事前に吹こうと思ってたのが全部吹き飛んでなんだかまとまりのないソロに・・・。なんてことは良くあるし、それほど音ははずさなかったけどダメだ。もっと練習しないと・・・。

と反省しつつ第一部は終了。
いや~、やっぱ疲れる。まだまだ先は長いよ。・・・と帰りながらお客さんどれくらい来てるかななどと控え室側の通路から見える客席が気になってしまう。ちょっとは増えたかな~。

第二部もよろしく!

人気blogランキングへ

FC2 Blog Ranking

関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。