スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

0.05の差

またまたトリノ関係の書き出しになってますが、スピード・スケート女子の500mで、岡崎朋美選手が0.05秒差で銅メダルを逃しましたね。
この普段はとても意識することの無い、というかどれくらいか体感できない程短い時間が今回は明暗を分けました。

どうしてこんな数字に反応したかといいますと、今回の多摩東急会ジャズコンサートのプログラムに関係してたからです。

Okazaki


人気blogランキングへ

FC2 Blog Ranking
今回ポスター、チラシのデザインを担当した流れで、当日来場者に配られるプログラムもデザインしたわけですが、昨日入稿しました。

そのプログラムの大きさはB5サイズのものを二つ折りにするのでB6という、かなりコンパクトなサイズになります。
その一番後ろにSwing Bacchusのプロフィールと共に向井さんと谷口さんのプロフィールも書いてあるんですが、このサイズの中にかなりの情報を詰めてあるので字の大きさがすんごい小さいんです。

Swing Bacchusのはともかく、ゲストのお二人はそれこそかなりのキャリアですし、変に省略してもはじめてのお客様にはどんなにすごい人なのかわからないと思いますので、できるだけ詳しく書いてあります。

でもこんなに文字が詰まってたら老眼鏡が必要な人はともかく、普通に見える人でもあんまり読む気なくなるんじゃ・・とか、アンケートでプログラムが見難い!とかいうクレームはなかったのかなとか思いつつ昨年までのに倣って作っていったわけです。

で、そのプロフィールを書くのに使った書体(フォント)が、今回のポスターに一番多く使ってある書体なのでそれを使って書いてたところ、プリントするとどうも細くてかなり見難い。このフォントはネットでダウンロードしたフリーのフォントでして、ちょうどいい太さのフォントでは使えない漢字が出てきてしまうので、一番細いがほとんどの漢字が打てるものにしたんですが、これを太くするにはアウトライン化してそれにアウトラインを加えるしかない。

(何を言ってるか分からないと思いますので説明しますと、PCによって使えるフォントが違ってることが多いので、全然違う書体に変換されて作者の意図と違ったものにならないよう、作った文字情報は字の形にした絵にします。これを"アウトライン化"といい、これにさらにアウトラインを加える---線を一本周囲に書き加える---とその太さにより文字全体が太くなる)

それでいくつかやってみて一番良さそうだった加えた線の太さが「 0.05pt 」なんです。
ミリメートルでいうと0.02mm。

それがどれくらいのものか、大体こんな感じになります。
左がアウトラインなし、右が+アウトライン0.05pt(0.02mm)

0.05


ちなみに1.5倍に拡大してあります。
でもこのブログ上ではほとんど同じ(?)に見えてるかな。
印刷したものを見れば一目瞭然ですので、当日、実物の読みやすさで実感してください。

とまあ、プロはこんな些細なところにも気を使うわけですよ。
今回はたまたまちょうどいいフォントがなかったので一手間増えてしまいましたが。
寸法にして0.05pt(0.02mm)というのは普段の仕事ではあまり出てきませんが、0.1とか0.2はもう当たり前です。
この寸法で設計者との攻防があったりもします。

と言う訳で、チラシ1枚のデザインにしても実にたくさんのノウハウが詰め込まれてる訳で、ただ文字と写真を並べてるんじゃないんですね。
ほんのわずかな数字でも、これにこだわるこだわらないはその人によって違いますが、出来栄えを大きく左右する数字になったりします。

今回はこんな感じで「入魂」の作(大げさか)となってますので、心して見るように!

でも実物を見るまではこれが正解だったのか分からないかも・・・。
逆に見難くなってたらごめんなさい!

人気blogランキングへ

FC2 Blog Ranking
関連記事

コメント

こんにちは

紛らわしいハンドルでごめんなさい。日本人です。http://jump.sagasu.in/goto/bloog-ranking/で見つけてきました。また見にきまーす!

2006/02/17 (Fri) 18:31 | モロゾフスキー #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。