スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日の犬

今日は谷口さんをお迎えしての練習。谷口さんが参加する曲を中心にやったわけですが、その中でも谷口さんアレンジの曲「New Orleans Medley」が中心となった。

谷口さんのライブとかに行ったことある人なら聴いたことあるかもしれませんが、その名の通りNew Orleansの名曲のメドレーです。

そう、昨年の巨大ハリケーン"カトリーナ"で壊滅的な被害を受けたNew Orleans。ジャズファンなら誰でも気に掛かる災害だったんじゃないでしょうか。

チャリティーコンサート


人気blogランキングへ

FC2 Blog Ranking
そういう意味ではタイムリーな曲ではありますが、なんせ音源のない(あるのかもしれませんが、今回は特に聴いてません)状態で譜面だけをたよりに練習してたので、全体像がイマイチはっきりわからないというのが本音でした。

譜面はけっして難しくはないんだけど、テンポやリズム、ノリ、ニュアンスなどが目まぐるしく変わっていく印象で(聴いてる人にはそんな難しくは聞こえないと思いますが)、譜面も4ページという大作です。

ゆっくりした曲でSwing感を出す、というのはアマチュアにとってはかなり難しく、待ちきれなくて突っ込むとか、それぞれニュアンスとか音の長さがバラバラだったりして、なかなかうまく行かないものですが、谷口さんの丁寧で分かりやすい指示で大分改善されるんですから、さすがです。

四分音符の長さと英語の"DOG"の関係などまさに「打膝」です。(Yotchira教授、頂いてしまいました)※ジャズ通り裏参照

意味を書いておきますけど、アメリカ人はスタッカートとかテヌートとか何も付いてない四分音符の長さについては何も言わない。日本だとこれは長めに、いっぱいいっぱいとか、次の拍の頭までとか、トーンと余韻を残してとか色々解釈できるけど、英語では「DOGは1音」だ。日本語では3音(ドッグ)または2音(イヌ)だけど。

だから、これは"DOG"の長さで、ということです。

ホントにいつも「目からウロコ」状態になりますが、今日はもう一つ、「うまく吹けないフレーズを歌ってみる」という、吹奏楽部とかでも必ず指導されるごく基本的なこともやりました。

ごく簡単なフレーズとか、すぐに楽器で吹けるフレーズなら問題ありませんけど、ちょっと複雑になってくると(特に初見時)一度ですぐ吹けなかったりします。
そういう時は声に出して歌ってみる。リズムが怪しい場合は音程は必ずしも合ってなくてもリズムを合わせて歌えるようになれば吹けるようになります。

1拍裏に入ってくる音がどうしても遅れるとか突っ込むという時は、その歌をそのまま日本語で譜面に書き込む。

「ツタッ・ター、ツタッ・ター・・・」



・・と(カタカナで)書いたのかどうか分かりませんが、どう書きましたか?A木さん。(^^;)



で、もう、そのフレーズを覚えちゃうんです。
譜面とにらめっこになっててもなかなか前進しませんから、というか、読むのに一生懸命になってるとまず遅れます。

もう難しい英語の発音をカタカナにして覚えるようなもの?
早すぎて言えない英語の歌詞を日本語のカナを付けて歌うとそれなりに聞こえたりするもんです。


まあ、それとは別に口で歌えるというのは大事なことで、譜面だけでなく、アドリブでも言えます。
コードネームだけを見てそこに入ってる音をなんとなく吹いても音楽になりませんよね。
まずは「鼻唄~♪」ができるか。何も見ないで今鳴っている音(リズムセクションとか)に合わせて自分でフレーズを作れるか、イメージできるか。


・・・え~、アドリブに関することはまた別の機会に。


いや~、でも良かった。実はこの曲には2ndTbにはアドリブをやる所があって、もちろん本番は向井さんなんだけど練習では超テキトーソロを炸裂させてたので、谷口さんの前でどうしよう・・・とちょっと緊張してました。その場所が近づいてきたら谷口さんのクラがスーっと入ってきたので、ホッとしました~。

短い時間でしたがなんと有意義だったか。ありがとうございました。


でも来週は谷口さんは来れない?んだったかなあ。時間が合わないような・・・。
ということは今度は本番ということになりますが、今日の練習を聞いて「良いじゃないですか」とかお褒めの言葉を頂いたけど、思ったより良かったからか、この時期に自信を失わないようにさせるためだったのか・・・、とにかくもっと個人練しないといけませんね。O原さん、パート練習やったりしなくていいですか?


人気blogランキングへ

FC2 Blog Ranking
関連記事

コメント

「打膝」

をご使用いただきまして、誠にありがとうございます。
私造語が熟語として広まる下地が少し出来たような気がします。

谷口さんのオリジナルスコアはとても聴いてみたいですね。
あと少しですが、がんばってください!

2006/02/13 (Mon) 14:30 | yotchira #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。