スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

筑波ツアー2日目

筑波ツアー2日目は筑波大学のミューズガーデンでの演奏です。

この日は現地集合ということで、電車で出かけた私はつくば駅からバスで大学まで向かうことに。
今回はじめてバスを利用したんですが、結構込んでます。やっぱ学生さんらしき人が多い。

着いてみると、入り口に誰がプリントしてくれたのか私の作ったチラシが張ってあります。
言ってくれればプリントしてもってきたのに。
B5サイズの画像をA4に拡大してあるので、エッヂがぼけてます...。

Muse Garden Entrance



人気blogランキングへ

FC2 Blog Ranking

ブログ TOP ランキング

昨年できた特設ステージはそのままあったのですが、今年はその横にもう一つ、少し短いのが増設されてました。
確かに去年は全員が乗り切れなくてかなり窮屈だったのですが、
広くなったとはいえリズムセクションがこんなに離れることに。
ただでさえリズム感悪いのに大丈夫か心配になります。

Muse Garden Stage


ホーンには一人一人マイクを使いますが、ドラムにはなし。モニターはピアノとボーカル用のスピーカーが一つだけ...という決していい環境とは言えない中での演奏になりました。

確かにドラムはちょっと聴きづらいけど、まったく聞こえなくなるわけじゃないし、ベースは結構聞こえてたのでそれほどやりにくくはありませんでした。
それでも場所によっては聞きづらかったのかなあ。
端っこのほうはかなり聞きづらかったかもしれません。

でもあとで聞かせてもらったバンマス録音の音源によると、それほどずれてないし、バランスも悪くない。
ミキシングは毎年苦労してたんですが、今年は最初から結構うまいこといってたように感じました。



演奏は、HPでのバンマスのコメントにあるように「おおらかな気分」というか、本番なんだけどどちらかといえば練習に近い気分で、ミストーン、数え間違いは多々あるものの、聴いてる人も遠巻きにパラパラという感じで、じっくりというよりリラックスしてジャズを楽しむ雰囲気で、少し緊張感に欠けるステージだったかもしれません。


演奏した曲は次のとおり。

■1st Stage
1.In The Mood
2.A String Of Pearls
3.Rhapsody In Blue
4.In The Wee Samll Hours(Vocal)
5.Mean What You Say
6.Manteca
7.The Look Of Love(Vocal)
8.Orange Colored Sky(Vocal)
9.Tuxedo Junction
10.Moonlight Serenade

■2nd Stage
1.Leap Frog
2.American Patrol
3.Autumn Leaves
4.New York, New York(Vocal)
5.Soul Intro/The Chicken
6.Lonely Street
7.Moon River
8.The Girl From Ipanema(Vocal)
9.When I Fall In Love(Vocal)
10.Shiney Stockings(Vocal)
11.I Can't Stop Loving You
12.鈴懸の径

Encore:Things Ain't What They Used To Be



1stの「In The Wee Samll Hours」と2ndの「New York, New York」は筑波大講師のジョン・トラン先生。
今日のリハで初めて全員と合わせましたが、割とうまくいったんではないでしょうか。
なかなかいい声です。
In The Wee Samll Hours

なんでも学生には恥ずかしいから(聞きに)来ないように言ってたらしいですが、全然そんなことなかったですよ。
まあバックも完璧とはとても言えない状況でしたが、もうちょっとリハーサルできる時間あればよかったです。

井上真奈さんのポルトガル語による「The Girl From Ipanema」も良かった。
青い空に似合う澄んだ声は周りを癒してくれます。

「Autumn Leaves」はバンマスが作ってきた譜面のソロ部分が最後の8小節が抜けてたにもかかわらず、本番ではうまく補完して演奏できるあたりは本番に強いというべきか。
いやこれくらいはスタンダードだから普通か。

Blues Watary


写真は「Manteca」で吹きまくる渡先生



今回は、いつもバッカスのレパートリーとしてお馴染みのグレンミラーやベイシーに加えて「おや?」と思える曲があったかと思います。
サドメルの「Mean What You Say」。
これも練習中の曲で、まだまだ十分に仕上がってる状況ではないんですが、まあ今回思い切ってお披露目。
いい曲ですがやっぱ難しいですね。
ウケはどうだったのかな。
それほど有名な曲でもないし長いので一般向けにはあまり向かないかも...。

これに入ってます。
ライブ・イン・トーキョー(紙ジャケット仕様)ライブ・イン・トーキョー(紙ジャケット仕様)
サド・ジョーンズ=メル・ルイス・ジャズ・オーケストラ

コロムビアミュージックエンタテインメント 2005-12-21
売り上げランキング : 85189

Amazonで詳しく見る
by G-Tools




7年前からお世話になってるこのミューズ・ガーデンですが、ここを管理されているS先生、うれしいことに私たちの演奏をEDIROL R-09を使って録音されてました。
楽器演奏者のスタンダードとも言える「R-09」ですが、かなりのオーディオマニアと聞いているS先生が使ってるとはなんとも僭越です。
かなりコアな生録マニアからするとSN比がどうとか、ノイズが...とかあまり評価されてないようなんですが、先生としてはどうなんでしょうか。
フツーにいい音で聞く分には十分だと思うんですけどね。
じっくりお話は聞けませんでしたが、マイクは外部を使ってましたね。
もうちょっと詳しく聞きたいところです。
それにしても新型がなかなか出ないな。。。


...で演奏もすべて終わったところで、なんと久しぶりに筑波大出身で元メンバー(Tb)のJ太郎が現れて結婚報告!
撤収作業の間にどこか行ってしまいあまり話はできなかったけど元気そうだった。
腕の骨折以来楽器を持てないままバンドを離れちゃったけど、今楽器はやってるのかな?
来るんだったら一人いないんだからトロンボーン吹いてくれよ...と後で思った。


ということで、今年のミューズ・ガーデンでの演奏も無事終了しました。
S先生はじめ学生の皆さんお世話になりました!


人気blogランキングへ

FC2 Blog Ranking

ブログ TOP ランキング
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。