スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルフォスタ合宿2日目その2

さてアドリブ講座の後は練習の開始です。

サックスセクションの皆さんも揃い、いよいよ本格的な練習が始められます。
もちろん、谷口さんもいきなり見てくれます。

今日は夜の「発表会」用の曲と明日のコンサート向けの曲の練習となりましたが、昨日から引き続き譜面に書いてあることは確実にできるようになる、というごくごく当たり前のことを再認識させられました。

Sax Section with Taniguchi-san


人気blogランキングへ

FC2 Blog Ranking

ブログ TOP ランキング

というのは、違う音を出さない、というかミストーンをなくすということで、指使いやポジションは合ってても自分の意図しない音は出さないようにするということです。

そのためには、これまた単純なことですが「集中する」のが一番。

プロの世界では許されないことが、アマチュアだとついついないがしろにされてしまいがちですが、簡単なことでも間違いなく確実にできるようになることがまずは大切なんですね~。

「一個間違えるたびに罰金100円ね」という谷口さんの言葉の後、きっちりできるようになるという、笑っちゃうくらい分りやすい現象も起きました。
(もっと高かったっけ?^^;)



この日は夜が本番のため一日中吹いてましたが、あ~、これじゃ本番の前に疲れちゃうな~と思いつつやっぱ疲れましたね。

Swing Bacchus


てことで本番は決して満足いく演奏にはなりませんでしたが、ルフォスタの他のクラスの皆さんの演奏には心洗われる思いでした。
ストリングス入りのゴージャスな「鈴懸の径」は良かったなあ。

あ、スイング・バッカスの演奏曲目は次のとおり。

1:Leap Frog
2:Moonlight Serenade
3:In The Mood
4:Manteca
5:Things Ain't What They Used To Be


後でバンマスがKORG MR-1で録音してたものを聞かせてもらいましたが、演奏はさておき、音はすごく良くなってました。
というのはマイクがかなりグレードアップされてたからなんですが、音源公開は。。。どうしようかな。
全部はとても恥ずかしいのでほんのちょっとなら考えてみようかなと思ってます。まあ気が向いたらHPにアップします。


さて、この夜のライブパーティの最後はプロの先生方の演奏で締め。さすがに安心して聞けます。

そして一旦お開きになりましたが、ステージには先生方そのまま残り大セッション大会となりました。


谷口さんの仕切りで進行していきますが、いきなり

「プロをバックに演奏してみたい人!」

と、なんとぜいたくな提案。
バッカスの今日海外出張から駆け付けてくれたテナーの渡さんから始まり、勇気のあるというか恥知らずな面々(失礼!)が次々と出て行き、つたない演奏に付き合っていただきました。

しかし谷口さんをはじめ、プロの人たちはなんと芸達者なのか感心させられます。
というか、プロなら当たり前か。
「枯葉」のエンディングにキャノンボールのイントロ始めたり(これはまあ普通か)、それに合わせて「ベサメ・ムーチョ」吹き始めたり、適度に遊びが入り聞き手を飽きさせません。

Autumn Leaves


そのうちリズムセクションにも生徒も入り乱れてセッションが始まり、例によって唇に限界の来てた私はドラムを一曲やらせてもらい、この日は退散!
この後もまだ続いてたようですが、眠いし明日も本番なので早めに寝ることにしました。

というわけで、2日目の長い一日も終わり!

お疲れ様でした!

人気blogランキングへ

FC2 Blog Ranking

ブログ TOP ランキング
関連記事
テーマ: バンド活動♪ | ジャンル: 音楽

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。