スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WAVやらMP3やら...

先日のKORG MR-1に使えるミニプラグ→2ミニプラグに変換できるアダプターがありました。

Victor ステレオジャック-ミニプラグ(0.25M) [CN-139A]Victor ステレオジャック-ミニプラグ(0.25M) [CN-139A]

ビクター 1984-09-29
売り上げランキング : 10682

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



といっても私が使うわけじゃないんですが、バンマスいかがですか?

マイクは、色々あると思いますけどC(ツェー)万くらいでだと、

とか

あたりでしょうか。

いや別にこれらの会社の人間でもないので、どこのでもいいんですが、
元オーディオ会社に勤めてたちょっとしたオーディオ・マニアな楽器吹きにとっては、超高級、高音質までいかなくても、ある程度いい音が録れるにこしたことはないので、「間に合わせ」的に入ってる付属品では物足りないことが多いです。

それで別売で購入することが良くあります。

人気blogランキングへ

FC2 Blog Ranking

ブログ TOP ランキング

こういうマイクとかもそうですけど、オーディオに付いてるケーブル類もそれほど高くなくても1500円~2000円のものでもずいぶん違います。
この辺は凝ってくるとOFCだPCOCCだ6Nだなどと素材とかも気になってきて、かなりディープな世界に突入してしまいそうになるので程々に。

あとヘッドフォンもそうですね。
i-Podやらウォークマンについてるヘッドフォンも変えると全然違ってたりします。
これは値段と音質はモノによってかなり違いがあり、音やデザインの好みもあるし、接続する機器との相性もあるので、いくらくらいのが良いと一概には言えませんが、メーカーは必ずしもベストなものを付属させてるわけではないということですね。
うちには使ってないヘッドフォン(インナーイヤータイプのもの)がたくさんあります。



さて、「録音」に関して少々。

カセットなどのアナログの時代から、DAT、MD、CD、メモリーやハードディスクと、録音するメディアも多種多様となってきてますが、便利になりましたね。

何が便利か?というと、
・保存がしやすい。
・加工、編集がしやすい。
・聞く時に便利。(スキップなど頭出しが簡単)

などなど、アナログでやろうとするとかなり手間なことが簡単にできるんです。(欠点もありますがここでは省略)
それもパソコンを使うと。

で、こういったデジタルになると、データの形式が用途によって色々あって、Windowsにおける音声ファイルの標準的な形式が「WAV」といって、「WAVE形式」「WAVファイル」と言ったりします。
それを圧縮したものの一つが「MP3」で、i-Podとか使ってる人はこういったデータ形式が色々あるのをご存じでしょう。

音質の良いのが「WAV」で、普通の音楽CDはこのクラスです。
ですがサイズも大きく、4分くらいの曲でも大体40MBくらい。
でもこれは一般的なCDの規格のサンプリングビット数が16、サンプリングレートが44.1kHzの場合です。

ちなみにそれを圧縮してMP3にするとその大体10分の1くらい。
でもこれも圧縮の度合によって違ってきますけど。

あ~、またなんだか難しくなってきましたけど、こういう大きめのデータをパソコンで扱う場合、その作業ができるメモリーが積んであって、それを保存できるスペースがないとパソコンが正常に動かなくなったりするんです。

先日、吉祥寺音楽祭の音源を編集する際も、今使ってるパソコンのデータを整理しないとこの作業ができなかったんですね。
O原さんから頂いたデータは681MBもありました。
それもCDより高スペックの24Bitで。

あ、この16bitとか24bitっていうのはサンプリング・ビット数...う~んと、これらは多分ここを見ると詳しく書いてありますので、こちらをどうぞ。
http://allabout.co.jp/entertainment/dtm/subject/msubsub_series_dtm06.htm

でも、このO原さんからのデータ、このままでもかなりの高スペックですが、KORG MR-1ではまだまだ上の「1ビット・オーディオ・フォーマット」というのがあるらしいです。
http://www.korg.co.jp/Product/DRS/MR-1/index.html
これだとどんだけデカくなるんだろう。

しかしこれ、i-Podの雰囲気でうまくまとめてますね。
左側面の端子の処理はイマイチだけど。ここだけなんで?という感じがします。
まあ、基盤の位置と部品の関係でどうしようもなかった...んだと思いますが。




とまあ、先日の記事の野尻さんのコメントの「わからないこと」に対しての回答になったかわかりませんが、デジタルっていっても、特に難しく考える必要はありません。

アナログでもいい音を録るにはテープをいっぱい使うのと同じで、デジタルもいい音はデータをいっぱい使います。
テープの長さを節約しようと2倍、3倍で録ると音悪くなりますよね。
デジタルもデータを圧縮して軽くして行くと音が悪くなります。
でもこの辺は加減を選べるのでアナログより融通が効く(?)のかもしれません。

音を録るのに使う機材や方法自体はアナログもデジタルもそう変わりません。
ただこれだけデジタルが進歩してくると、個人レベルでできることがすごく広がってきて、しかも便利なので、もうアナログには戻れなくなってきます。
音自体はやっぱりアナログの方が魅力ありますけどね。


以上、まとまりませんが、なんとなく分かっていただけたでしょうか。(汗)

ではまた。



人気blogランキングへ

FC2 Blog Ranking

ブログ TOP ランキング
関連記事

コメント

デジタル録音とかの話は大学の専攻ともかぶってきたりするので興味ある分野です。

2007/06/09 (Sat) 18:21 | ユウ #- | URL | 編集
録音機材

いやあ、実にご丁寧な解説とさらに商品のサジェスチョン迄有難うございます。
ケーブルはピンからミニジャックへの変換プラグを買ってライン録音しています。
私も先日の管理人の「KorgのMR-1を使うならオマケのマイクではなくもう少しマシなマイクを使っては?」との一言が胸にグサッと来てからずっとマイク探しの日々です。
私だって15年もオーディオで飯を食ってきて、今でもその関連ですから見栄を張って少し高いマイクを買おうと決心しています。
先日も秋葉で危うくテクニカの3万円近いマイクを買いかけたのですが先日の奥方のカードの請求書を見ての「この5万円は何の代金ですか」との一言が頭をよぎり、マイク購入はほとぼりが冷める来月にしようと決めました。

2007/06/11 (Mon) 15:21 | O原 #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。