スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WOWOW JAZZFILE

昨日の夜、たまたまテレビのWOWOWをつけたらチック・コリアが出てるライブの番組やってました。

新聞のテレビ欄見ると、「ジャズ チックコリア他」としか書いてなかったのですが、見てるとドラムがスティーブ・ガッド、ベースがエディ・ゴメス
おっ、これはThree Quartesのメンバーか?と思ってたらサックスにボブ・バーグがいましたので、これがマイケルならモロそうだなと思いつつしばらく見入ってしまいました。

でも曲が「Friends」のも多いのでサックスがジョー・ファレルのFriends版か?
You Tubeにその動画が一部ありましたのでどうぞ。
これはガッドのソロの部分だけですが、熱いです。




人気blogランキングへ

FC2 Blog Ranking

ブログ TOP ランキング


しばらくして録画を始めたので、まだ全部は見てないのですが、WOWOWのHPによると92年ドイツでのコンサートのようです。どうりで若い。

You Tubeにはこの他にも動画があるようなので、興味がある方は探してみて下さい。


この「Friends」が出たのは78年、当時良く聴いてたFMでたまたま聴いてかなり気に入ったのでレコードを買ったんですが、当時クロスオーバーといってたものに入るだろうか、エレクトリックでラテンっぽかったり、ポップな印象の、どジャズではない何か新しいものを感じたんですね。
そのデジタルな演奏はなんともカッコ良く、衝撃でした。
特にスティーブ・ガッドのドラムには影響を受けました。
っていってもこの頃やってるのはトロンボーンなので、後に遊びでドラムもやるようになってからということですが、今でも好きな1枚です。

ちなみに、このコンサートではやってなさそうでしたが、アルバム「Friends」の中の「Sicily」のガッドのリズムパターンが、実に基礎的なパラディドルであるというのを知ったのはもっとあとのことです。
パラディドルが分からない人は検索


その「Friends」はこちら。
フレンズフレンズ
チック・コリア ジョー・ファレル エディ・ゴメス

ユニバーサルクラシック 2003-05-21
売り上げランキング : 32514
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


初めにCD化された時はこんなジャケットでした。
フレンズ(紙ジャケット仕様)フレンズ(紙ジャケット仕様)
チック・コリア ジョー・ファレル エディ・ゴメス

ユニバーサルクラシック 2006-08-16
売り上げランキング : 42024
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools




そしてもうちょっと後、81年に出たのが「THREE QUARTETS」。
Friends」のトリオにマイケル・ブレッカーが入って、もう名前だけでもワクワクしてくるようなメンバーです。
これを聴いたのはもっとあとになってからでしたが、ピアノはアコースティック、当時としてはかなりモダンな、前衛的なアルバムだったんではないでしょうか。(そうでもないか。当時はあまり知識もなかった...)
複雑な構成、コード進行は理解するのに時間かかりました。
・・・って弾けるわけじゃありませんが。

スリー・カルテッツ+4(紙ジャケット仕様)スリー・カルテッツ+4(紙ジャケット仕様)
チック・コリア マイケル・ブレッカー エディ・ゴメス

ユニバーサルクラシック 2006-08-16
売り上げランキング : 42310
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


この中でもガッドのドラムソロが聴けますが、「Friends」の「動」に対して「静」といった感じの、抑えた、でも緊張感のあるソロが聴けます。



それにしても、うまい人の演奏は安心して見れますね。
って当たり前か。(^^;)
チックだけじゃなく他のメンバーもですが、譜面なんか見なくてももう頭の中に入ってるんですね。いやもうからだに染み付いてるのか。
まあジャズなんで、その場その場でやることや出てくるものは違うんでしょうけど...。
いつでも余裕で、聴いてる人を楽しませられる演奏ができるようになりたいもんです。





人気blogランキングへ

FC2 Blog Ranking

ブログ TOP ランキング




コメント

いやあ、相変わらず、すごいなあ。でもチックもすごいですよね。あのドラムソロに合わせてんだから。

2007/04/13 (Fri) 22:23 | 野尻好夫 #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。