スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Lil' Darlin'★第二部レビュー6

第二部6曲目はこれもベイシーで有名『 Lil'_Darlin' 』です。

この曲もバッカスでは良くやってます。
昨年のルフォスタ合宿でも課題曲の一つとして、谷口さんの指導も受けました。

The Complete Atomic BasieThe Complete Atomic Basie
Count Basie

Roulette 1994-05-31
売り上げランキング : 1782

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


この曲を始める前のMarikoさんの言葉
「今のようにダイナミックで元気のいいのもビッグバンドの醍醐味なんですけど、こんなに静かなのもできるんですよ」という、
ビッグバンドを初めて聞く人にも分かりやすく説明するのに一番いい曲かもしれません。


人気blogランキングへ

FC2 Blog Ranking

ブログ TOP ランキング
この曲の一番の見せ場といえば、やっぱりミュートを使ったトランペットのソロ。
先程もMarikoさんと絶妙なカラミを見せてくれたK谷さんを大フィーチャーした曲です。

曲の後半からこのソロが始まりますが、さっきまでブイブイ飛ばしてたプレイから一変、しっとり、たっぷり歌います。

ソロがひと段落してからも、メロの間に適当に入れていくバッカスオリジナルバージョン(というと大げさか?)で、最後までK谷さんをフィーチャーした演奏になりました。

フレージングや間の取り方、絶妙なビブラートのかけ方など、K谷さんのセンスの良さが良く表れた演奏だったんじゃないでしょうか。


さて、この曲はベイシーをはじめ多くのバンドがやってますね。
ベイシーだけでも冒頭の「The Complete Atomic Basie」以外にかなりのヴァージョンがありますので、今回はベイシー以外のミュージシャンの演奏する『 Lil'_Darlin' 』が入ったCDを紹介しましょう。

まずはジョージ・ベンソン。
大分前にカウント・ベイシー・オーケストラで一緒に来日した時観に行ったことあります。

Blue BossaBlue Bossa
George Benson

Prestige Elite 2002-03-12
Sales Rank : 524722

See details at Amazon
by G-Tools


そしてトランペットのクラーク・テリー。

Herr Ober: Live at Birdland NeuburgHerr Ober: Live at Birdland Neuburg
Clark Terry

Nagel Heyer 2001-07-16
売り上げランキング : 461858

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


そしてベイシーともゆかりの深い、トロンボーンのアル・グレイ。
Live at the Floating Jazz FestivalLive at the Floating Jazz Festival
Al Grey

Chiaroscuro 1995-04-06
売り上げランキング : 340753

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


このDVDでも聴けますね。
カウント・ベイシーOBオーケストラ ライブ・コンサートカウント・ベイシーOBオーケストラ ライブ・コンサート
カウント・ベイシーOBオーケストラ

日本クラウン 2004-11-25
売り上げランキング : 64434

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


そしてトロンボーンでもう1枚。カイ・ウィンディング。

ジ・インクレディブル・カイ・ウィンディング・トロンボーンジ・インクレディブル・カイ・ウィンディング・トロンボーン
カイ・ウィンディング ジョニー・メズナー トニー・スタッド

ユニバーサルクラシック 2004-06-30
売り上げランキング : 81055

Amazonで詳しく見る
by G-Tools




最後にYou Yubeで見つけた面白い映像をどうぞ。
こんなのがあるんですね~。
これを見ながらマスターすれば「君もジョー・パス」か?




人気blogランキングへ

FC2 Blog Ranking

ブログ TOP ランキング
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。