スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

訃報:マイケル・ブレッカー死去

たまたまつけていたNHKのニュースでたった今聞きました。

一度は復活したと聞いたんですが・・・。

ネットではhttp://jazzfusion.com/でしか見れませんが、
NYタイムスの記事がリンクされてました。


人気blogランキングへ

FC2 Blog Ranking

ブログ TOP ランキング
以下にとりあえず翻訳したものを引用します。



マイケルブレッカー(11のグラミー賞を獲得して、1960年代からジャズで最も有力な音楽家の内の一人だったサックス奏者)は、ニューヨーク市の病院で、昨日死にました。彼は57であって、ハドソンのヘイスティングズ(N.Y.)に住んでいました。

死因は白血病でしたと、ダレルピット(彼のマネージャー)が言いました。

ジョンコルトレーンのサクソホン語彙の深い理解をして、それを主流文化で結合した音楽に適用したこと — 1970年代と80年代の特にジャズの融合とシンガーソングライターポップ — ブレッカー氏は、世界中で、彼の音を広げました。

しばらく、ブレッカー氏は、ほとんど遍在するようでした。彼のディスコグラフィー — それは、900曲以上のアルバムを含みます — 彼の兄弟(トランペット奏者ランディブレッカー)によって導かれるバンドとともに、記録的な「スコア」の上で遊んで、1969年に始まります。それは、Dreams(彼が彼の兄弟とドラマービリーコブハムと導いたジャズロックバンド)によって、アルバムで1970年に続けました。

サイドマン作業の彼の長いリストは、フランクザッパ、エアロスミス、ジェームズブラウン、ポールサイモン、ジョニミッチェル、ルーリード、Funkadelic、Steelyダン、ジョンレノン、エルトンジョンとジェームステイラー((ジャズの側で)チックコリア、パットメセニー、ゴンサロルバルカバとPapoバスケスと同様に)によって何百を通してその時以来それらを含むより多くの記録を向けました。彼の11のグラミー賞は「広いアングル人」(彼の野心的な最後のアルバム)のために2を含みました。そして、彼がQuindectetと呼んだ15-部分バンドとともに2003年にリリースされました。

彼自身の名前(1986年に始まる)の下で、そして、ブレッカーブラザーズバンド(グループステップAheadによる彼の80年代前半仕事と同様に)とともに、彼の最も高い業績は、彼自身のアルバムでした。彼の状態が公的に発表されたとき、ブレッカー氏は2005年夏にステップAheadの再結合するバージョンで旅行に予定されていました — まず最初に脊髄形成異常の症候群として、ついに白血病へ進歩した骨髄疾患 — そして、彼の仕事の多くは、止まらなければなりませんでした。

ブレッカー氏は、フィラデルフィアで音楽の才能がある家族で育ちました;彼の父は、ジャズのピアノを演奏した弁護士でした。彼は6歳でクラリネットを演奏し始めて、8学年でアルトサクソホンに変わって、第10でついにテナーサクソホンに同意しました。彼は、インディアナ大学に通い始めました — 彼の兄弟ランディのように。初めに音楽程度を追求して、それから、短く医大予科生に変わった後に、彼は速く、彼が音楽を演奏しているのを好むということを発見しました。彼は、19時にニューヨークに立ちました。

大部分の1970年代の間、そして、80年代中頃を通して、彼はスタジオセッションで一生懸命に働きました。そして、ジャクソンブラウンとジョニミッチェルによるそれらを含む南カリフォルニアポップシンガーソングライター運動によるアルバムの建具になりました。中核のジャズの熱心な人がいなければ、それは80年代前半の彼の仕事でした — ステップで、Aheadは最初の2曲のアルバムです。そのとき、バンドは単にステップと呼ばれていました — チックコリアの「3つのQuartets」と同様に、1981とパットメセニーの「80/81」から、1980年から、それは偉大なプレーヤーとしての彼の評判を結合しました。

彼のトーンは強くて、焦点に集まりました、そして、彼の認識できる言葉のいくつかはコルトレーンの音を反響しました。しかし、ポップの中で働いて、ソロは強くなければならなくて適切でなければならない所で、ブレッカー氏はとりわけ、短いスペースに装置を励磁するコンデンサーでした。彼は、altissimoから最も低いキーまで、ホーンのフルピッチ範囲を短いソロに折ることができて、高度な考えをジュニアウォーカーのようなサックス奏者の豊かな、魂のこもった言葉遣いに接続することができました。

1980年代と1990年代には、彼はEWIと呼ばれている電子管楽器で実験しました。そして、それは彼が電子角のような装置によって吹いて、サンプリングされた音の範囲をして、リアルタイムに彼らをマルチトラック録音するのを許しました。彼は、過去2、3年に再び器具で実験し始めました。

彼の病気の発症で、彼と彼の家族は、アメリカのまわりで国際的なジャズのフェスティバル、シナゴーグとユダヤ人のコミュニティセンターで骨髄提供者を呼び出しました;数万は反応しました。最後の年にわたって散発的に働いて、彼はなんとか2週前彼の最終的なアルバムを完成させることができましたと、ピット氏が言いました。

彼は、ハドソンのヘイスティングズの彼の妻(スーザン)だけ長生きされます;彼の子供たち、ジェシカとサム(ハドソンのヘイスティングズの);マンハッタンの彼の兄弟、ランディ;そして、フィラデルフィアの彼の姉妹、エミリーブレッカーグリーンバーグ。




翻訳サイトにつっこんでそのままですので、日本語の変なところはご容赦。

マイケルは、いつから聞いてたかははっきりしませんが、とにかくたまたま聞いたレコードに入っていたり、好きなミュージシャンと競演してることも多かったので自然に良く聴くようになってました。
日本にも彼の影響を受けたSax奏者はむちゃくちゃ多いでしょうね。
う~ん、あのマイケル節がもう聞けないというのは残念です。

追々マイケルの入ったCDなど、紹介して行きたいと思います。


とりあえずはこれ。
一度このブログでも紹介しましたが、今度の東急コンサートでもやる予定の曲が入ってます。
バースディ・コンサート
バースディ・コンサート

多分Wさんがマイケルになってくれるはずです。


人気blogランキングへ

FC2 Blog Ranking

ブログ TOP ランキング

関連記事

コメント

トラバお願いします。
彼の凄さを知ったのは、亡くなってからでした。時遅し、です。

2007/02/18 (Sun) 12:25 | kumac #NkOZRVVI | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

マイケル・ブレッカーマイケル・ブレッカー(''Micheal Brecker''、1949年 -)は、ペンシルバニア州フィラデルフィア生まれのアメリカ人ジャズ音楽家|演奏者である。圧倒

2007/01/17 (Wed) 04:38 | ヒナタの日記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。