スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

箱根観光記

先日の「湘南カクテル夜会」での録音を、またOG原さんから頂いたので聴いてみました。

Bacchus Trombone
これは楽屋で出番を待つトロンボーンたち。(自分のがないが)

レコーダーを正面のお客さんのテーブルに置かせてもらっての録音でしたので、会場全体の雰囲気が良く録れていて、というか話し声もかなり一緒に入ってるので演奏がクリアに聞けるわけではありませんが、思ったよりバランスは良かったです。

ほとんど拾ってないようなTbもちゃんと聞こえてたし、マイクなしのドラムも適度に、他に埋もれることなく鳴ってて、まるでスウィング・ジャズの時代の録音のような雰囲気の演奏、でした。

ま、演奏の良し悪しは置いといて、この日のダンスバンドとしての役割は十分に果たしたんではと思いますが、また来年も呼んでいただけるでしょうか?


さて、その翌日ですが、他の皆さんは月曜日で普通に仕事というところ、一日休みをいただき箱根観光をしてきました。

人気blogランキングへ

FC2 Blog Ranking

ブログ TOP ランキング
実は今回の箱根ツアーは、当初宮ノ下の富士屋ホテルに泊まれるもんだと思い、うちのカミさんとその母も是非と誘ったのですが、湯本の富士屋ホテルも良かったですよ。
部屋も風呂も広く清潔だし、朝食も豪華で、快適に泊まれました。
着いた時お風呂や食堂なんかの案内がなかったのが気になったけど。

Room


翌日は車でまず大涌谷へ。
実はここには去年も一昨年も来たんですが、いずれも10月、1月といった寒い時期で、風は強いしガスってて景色は見えないしでまともに見れてなかったんです。
今回は気候もちょうど良く、このとおり富士山も見えました。

大涌谷より富士山を臨む


平日だけど結構人多かったなあ。慰安旅行と思われるオヤジたちとか。

そして次は植物好きなカミさん親子と共に箱根湿生花園へ。

湿生花園の蓮

結構広い。じっくり見てまわると半日はかかりそう。

そしてちょっと遅めのランチに、宮ノ下の富士屋ホテルに立ち寄りました。
明治11年創業という歴史あるホテルで、その伝統と格式ある雰囲気に憧れる人も多く、建物の意匠自体も独特のものがあります。
こういったアンティークものや古い建築に興味がある人にはたまらないかもしれません。
でも確かに古いので、近代的なホテルや温泉とかにはあまり期待できないでしょう。ネットで見れる「クチコミ情報」にもその辺のネガティブな情報はよくあります。

この日着いたのは昼の1時過ぎでしたが、レストランも結構混んでいて、ちょっと待って案内されました。
天井の高い、木を主体にした内装で壁や柱にも特徴あるかざりというか彫刻が施してあったり、全体を歩き回っては見れませんでしたが、見てもなかなか飽きることがありません。

でもなんというか、欧米じゃない東南アジアや中国の雰囲気もあり、不思議な感じのインテリア。
席のすぐそばの柱にはこんなかざりも。
柱の飾り

ここはバリか?という雰囲気ですよね。
(そばに立てかけてあるのは隣のテーブルにいた東南アジア系と思われる家族の女の子の松葉杖)

その上を見上げるとこんな感じ
Interior

このライトはフランク・ロイド・ライトかな?

そして肝心のランチですが、ランチだけどやっぱりそれなりのお値段です。
4000円から5000円くらいで、その中から、ビーフでもアメリカ産のは使ってまいと思い「ビーフカレー」を選択。
カレーですよ?普段ならカレーにこんなに出さないけど、今日は特別。
スープやサラダ、デザートも付いててそれぞれ種類を選べるんだけど、その辺のファミレスとは違い、注文を一々繰り返して確認しません。さすがだ。

これがそのカレー。ごはんにちょっとルーをかけた後に撮影。
Beef Curry

味は、しっかりスープから取って作ってあると思われる、フルーティな、しっかりとした風味の、どちらかと言えばビーフシチュー?といってもいいようなカレーです。(あ~、書いてて生ツバが...。)
ん?カレーだけど、インド風でなく洋風ですね。肉もトロけてます。

で、これスープ、サラダが出てきてからメインが来たんですが、それに合わせてスプーン、フォークもセットされてます。
スープをスプーンで食べた後、それを片付けられるとフォークしかなくなってしまい、カレー用のスプーンないのかな?忘れたのかなと思いウェイターさんに持ってきてもらいましたが、どうもフォークで食べるのが普通だったようです。
途中からフォークで食べてみたけど、全然問題なく食べられました。
気を使ってあえて聞かなかったけど、こちらが間違ってたようで、失礼しました~。はじめから言ってくれりゃいいのに。

いや~、他のも食べてみたい気もするけど、そうそうこれないしな~。
今度は泊まりで来たいと思います。


その後、敷地内の庭園をグルッとまわり軽く散策し帰宅の途へ。

以上、箱根観光記でした。

人気blogランキングへ

FC2 Blog Ranking

ブログ TOP ランキング
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。