スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

湘南カクテル夜会レビュー2

昨日のレビュー1では書きませんでしたが、このパーティに来てる人達、予想はしてましたが「夜」です。

背中の大きく開いたドレスの女性に、明らかにサラリーマンじゃないスーツの男性...ばかりじゃないですが、「カクテル夜会」ですから大人の集まりであることは確かです。

お酒を作ってくれている人はもちろんバーテンダーさん。
その中にキャンギャル(といっていいのだろうか)もいて、1stステージが終わった後、私はこれをもらって飲んでました。
Grolsch


あまり見たことのないオランダのビールです。
日本のビールで味わえるような「麦」はあまり感じられませんが、苦くてまろやかなビールです。
500ml以下ですがずっしりと重いビンのデザインにも味わいがあります。

人気blogランキングへ

FC2 Blog Ranking

ブログ TOP ランキング

もちろん2ndステージではソロもないし、「カクテル夜会」に来たからには飲まないわけにはいきませんから飲んだんですが。
でも料理は、始まる前に食べた弁当でおなか一杯だったのでほとんどたべませんでした。

この間行われてたのはカクテル・パフォーマンス。
これを見るためにドッとステージ前のスペースに人が押し寄せ、みごとな技に盛り上がってます。
Flair Bartending



2ndステージの曲はこちら

1 Moonlight Serenade
2 Singing Winds
3 Begin The Beguine
4 Tuxede Junction (Vocal)
5 On The Sunnyside Of The Street(Vocal)
6 A String Of Pearls
7 In The Mood
8 Blues On Parade
9 Good-Bye


例年後半のほうが踊るということなので、テンポが割と近い曲を続けてお客のノリを持続させようとしました。
やっぱり2曲目くらいからちょこちょこ出てき始め、明らかに1stの時よりお酒入ってるのが分かります。

Dance1
↑あれMarikoさんも踊ってる!

でも一曲終わるとサーッと席に戻って次が始まるとまた出てくるって感じで、そのままフロアにいてくれません。
一曲の時間が大体3分から4分と短いし、曲と曲の間も次の譜面の準備やら楽器の持ち替えなどである程度間が必要なのでちょっとだけ間が空きます。
今回はMarikoさんのトークでつないでましたが、こういうパーティではピアノなどで音を切らさないようにしたほうがいいのかな?などと思いましたが、ピアノだって次の準備しなきゃいけないんだし、ビッグバンドでは難しいかな..曲がメドレーになってればいいのかも。

とまあこんな感じで終盤に近づいていって、一応最後は『 Good-Bye 』。
ラストの曲なのでGood-Byeでいいんですが、ゆっくりとした美しい曲ですが暗い曲なんですね。
なんで最後なのにこんな暗い曲を...とか思いましたが、ここでStudy!

『 Good-Bye 』はGordon Jenkinsの作曲で、シナトラのための編曲・指揮を多く手がけたオーケストラのリーダーとして有名。
そして『 Good-Bye 』はベニー・グッドマン楽団のクロージング・テーマ。



なんですねえ。知ってました?




で、盛り下がることなく全部の曲が終了。起立して礼の後、ありがたいことに(というか予定通り?)アンコール!を頂き、用意していた『 Sing,Sing,Sing 』に突入。

もう最後にはこんな感じ

Dance,Dance,Dance


終盤ドラムソロから全体が入るところで、なぜかキメのオカズが入るのが遅れましたが経験豊富なメンバーはなんなく対応。
無事に終了できました!

最後の最後でこんなに盛り上がってくれて良かった~。成功ということでいいんでしょうか、H田さん!?(この度はお世話になりました!)



と言う訳で「湘南カクテル夜会」レポートは終了です。

翌日の箱根観光記はまた後程。

人気blogランキングへ

FC2 Blog Ranking

ブログ TOP ランキング
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。