スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

祝!コンマス復活!

先週12日の練習はたまたまTpセクション全滅でしたが、今日(9/19)、めでたくコンマスN野さん復活しました!


キタ━━━━━━(゜∀゜)━━━━━━!!!!


....って、ガラにも無く2ちゃんふうに喜びを表現してみました。
いやいやそれにしても良かった。おめでとうございます。

まだロングトーンなんかも苦しそうだし、完全復活というわけにも行かないようですが、まだまだグイグイ引っ張ってって下さい!

人気blogランキングへ

FC2 Blog Ranking

ブログ TOP ランキング
で今日の練習ですが、1stTpの譜面がちょっとした手違いもあり揃ってなかったので(I野さーん)、先週やった新旧曲を中心に進めました。

その中に今年の東急コンサート以来となった『 Singing Winds 』を久し振りにやることになったんですが(本番でやるかどうかは未定)、バンマスのO原さんは1stTbの譜面をすかさず3rdのM尾君に渡して交換。
なかなかヒットしないHi Cが出てくるので、Hi Fまで出るというM尾君にまかせると、初見にもかかわらずバッチリ決めてくれました。

譜面を交換したことに気がつかなかったN野さんは思わず「おいちゃん(と、O原さんを呼ぶ)、腕上げたね」と感心してましたが、実は...というのが分かって周りは爆笑。

それにしてもM尾君、若いけどその技術は大したものです。

高い音は誰でも簡単には出ないし、私なんかウン10年やっててもHi○○なんてほとんどあきらめてるようなもんなんですが、若いうちから出ない人は出ないのかなあと、落ち込みはしないけど、人には努力しても到達できない限界というのはあるんじゃないかと思った瞬間でした。

ちなみにRalph Flanaganの『 Singing Winds 』が聴けるCDはこちら。
Big Band Sounds of Ralph Flanagan Big Band Sounds of Ralph Flanagan
Ralph Flanagan (1998/10/20)
Collectors' Choice Music
この商品の詳細を見る



人気blogランキングへ

FC2 Blog Ranking

ブログ TOP ランキング
関連記事

コメント

新規参加ハイノートヒッターTb君の件

マア、恥をかいたから書き込む訳ではありませんが、昨日の練習開始の30分前に新人のトロンボーンM尾さんが来て(メンバーの皆さん、30分くらい前には来ましょうネ)ウオーミングアップをしていたので、上の音はどこまで出るの?と聞いたら
実際に上の音を吹き始めた…するとオイオイそれはハイFではないか。自慢ではないが私だって数年前にアクシデントで歯を2本折るまでは(どんなアクシデントかはご想像にお任せしますが)ハイF迄出たときがあったのだ。そんな訳で、ハイCが出てくる譜面は天気やバイオリズムに左右される私ですので、直ぐにM尾さんにお任せした。そんなわけで、これからは年寄りは無理をせず、若者に任せようと思います。M尾さんガンバッテネ。

2006/08/21 (Mon) 01:53 | O原 #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。