スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日の「たけしの誰でもピカソ」に

ジェイク・シマブクロさんが出てましたね。

たまたまテレ東つけたら見つけたんですが、やっぱ英語なんだ。
日本語もちょっとは分かるみたいだったけど。

ライブの時の映像も流れてたけど、バックにドラム、ベースなんかがいてあの熱いステージはほとんどロックですね。
HPのトップもロックだけど。

人気blogランキングへ

FC2 Blog Ranking

ブログ TOP ランキング
いや決して否定的な意味じゃなく、ウクレレでもロック、ジャズ、フラメンコなど何でもできるんだということを示してくれてると思います。

テレビでは、先日10周年ライブで名渡山遼君も演奏した『While My Guitar Gently Weeps』をやってました。
これをコピーしたのかな?教えてもらったりとかしてるんだろうか。


テレビではビートたけしや今田耕司にもウクレレを持たせて、C7とFのコードの押さえ方を教えてたけど、ウクレレだとFが2ヶ所しか押さえなくていいんだ~。
ギターでこれでつまづいた人もウクレレならできるかも?

あと印象的だったのがウクレレの楽器の美しさ。特に木目ですね。
インテリアとしても置いとくだけでもサマなります。


この後出てきた男2人の兄弟ピアニスト「レ・フレール」も面白かった。

男2人で連弾ってキモい(失礼!)と思われるかもしれませんが、ブギー・スタイルをベースにしたオリジナルな演奏はとても楽しい。
演奏途中で席を入れ替わったり、最後にはイスをよけて中腰で演奏したり、見た目にも飽きさせません。

最後にジェイクさんと「Let It Be」を共演。
ピアノが2人でガンガンくるとウクレレがかすみがちになって聞こえたけど、もっと聴きたいという感じでしたね。

この二組にも注目!です。


人気blogランキングへ

FC2 Blog Ranking

ブログ TOP ランキング
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。