スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マイケル復活

少し前のニュースですが、CyberFusion - jazzfusion.comによると、復活したらしいですね。

マイケル... ジャクソン

Michael Brecker










じゃなくて、ブレッカーです。

もうジャズファンには説明不要の名Sax奏者、マイケル・ブレッカーですが、もちろん私も大ファンです。
一時はもうダメか? もう2度とあのSaxを聴けないのか?と心配されましたが良かったです。

今日はそんなマイケルのジャズ・フュージョン以外のCDを紹介しましょう。

人気blogランキングへ

FC2 Blog Ranking
と言っても今回は、知ってる方は知ってると思いますが、ほとんどSMAPモノです。
そう、あの国民的アイドルグループ「スマップ」です。


もう10年くらい前に出たものですが、その参加ミュージシャンの豪華さに惹かれて聴いて以来、しばらくの間すっかりハマッてしまいました。
今でもたまに聴いてしまいます。

その豪華ミュージシャン名、大体のところしか書きませんが....、

オマー・ハキム
ウィル・リー
ハイラム・ブロック
マイケル・ブレッカー
ランディ・ブレッカー
ボブ・バーグ
ヴィニー・カリウタ
エリック宮城
デニス・チェンバース
バーナード・パーディ
デビッド・T・ウォーカー
フィリップ・セス




と、これらはSMAP 007 / SMAPに入ってるミュージシャンですが、これ以外にもまだまだいます。

この豪華ミュージシャン路線は前作の
SMAP 006~Sexy Six~ SMAP 006~Sexy Six~
SMAP (1994/07/07)
ビクターエンタテインメント
この商品の詳細を見る

からのようですが、私はSMAP 007 / SMAPから聴きました。

SMAPの歌が入ってくるとガクッときますが、演奏はチョーカッコイイです。
特にドラム、ベースを中心にしたリズムに力入ってるようで、制作サイドの人たちのこだわりが感じられます。

このミュージシャン達が、このCDに参加してるメンバーのうわさを聞き、ぜひインストが聴きたい!ということで企画されたのがこれ。

SMAPPIES~Rhythmsticks SMAPPIES~Rhythmsticks
インストゥルメンタル (1996/04/24)
ビクターエンタテインメント
この商品の詳細を見る


こちらなら、SMAPの歌を聴かなくてすみますが、中には「007」の「雨がやまない」というホーン・セクション(打ち込みですが)の入った曲がホーンなしになりマイク・マイニエリのヴァイブの曲になったり(これはこれでいいんですが)など、「007」にある「勢い」がなくなってるのもあったりして、私としてはオリジナルの「007」の方が好きですね。
「働く人々」はブレッカー・ブラザースの曲になってるSMAPPIESの方がいいけど。

ちなみにそのSMAPPIESの2枚目はこちら。

SMAPPIESII SMAPPIESII
オムニバス (1999/06/23)
ビクターエンタテインメント
この商品の詳細を見る



SMAPのこの路線はしばらく続き、SMAP 008~TACOMAX / SMAPでは前作「007」よりちょっと地味目にはなりましたが、目玉としては

スティーブ・ガッド
フィル・ウッズ
アルトゥーロ・サンドバル
アンソニー・ジャクソン
スティーブ・フェローン
ラルフ・マクドナルド



といったところで、「007」から引き続きオマー・ハキム、ウィル・リー、ハイラム・ブロックも参加してます。

1曲目のインストから2曲目の「気になる」ではマイケル節が炸裂してます。
4曲目の「わかってほしい」はノリノリのラテン・フュージョンで、ホーンセクションとサンドバルがはじけてます。(SMAPPIESではソロが違う!)
11曲目の「EAO」ではこれぞガッドというソロが聴けます。これやって下さいとか頼んだのかな。


そして続く「009」。

SMAP 009 SMAP 009
SMAP (1996/08/12)
ビクターエンタテインメント
この商品の詳細を見る


これには

デイブ・ウェックル
ジョン・パティトゥッチ
エリック・マリエンサル

という当時バリバリのChick Corea Elektric Bandのメンバーですね。
このアルバムでは一緒にはやってませんが。
それから、ジャズ・フュージョンではあまり馴染みのない顔かもしれませんが、トニー・レビンという、どちらかと言えばプログレで有名かな、そのトニー・レビンが2曲、1曲はスティック・ベースで参加してます。

ちなみに、スティックって知ってますか?
ドラムのじゃなくベースの。
学生の時この楽器を持つやつとバンドやったことあります。

それからレイ・パーカー・ジュニア、ディーン・ブラウン、ギル・ゴールドスタイン、HR/HM系からヴィニー・ムーアというところが新顔です。

ちなみにマイケルは3曲目「波風も悪くない」と7曲目「シャンプー 3 つ」でソロを吹いてます。
「シャンプー 3 つ」はこのアルバムのハイライトといっていいでしょう。


それから2枚組みベスト盤Wool / SMAPを挟んで出た
SMAP 011 ス / SMAP
では、豪華ミュージシャン路線はちょっと弱まってきますが、1,2曲目がナイル・ロジャース・プロデュース&ギターでドラムにナラダ・マイケル・ウォルデン、あとソロで一曲フィル・ウッズが入ってるくらいです。
あとこのアルバムではスガシカオや山崎まさよしの曲が入ってたりして、楽曲としてもバラエティ豊かになってきました。


しかしこれに続く「SMAP 012 VIVA AMIGOS」ではまたちょっと復活して、オマー・ハキムやウィル・リーに加えて、

スティーブ・スミス
レニー・ピケット
ケニー・ギャレット

といったまたマニアックな名前も出てきます。
1曲目にはマンハッタン・トランスファーも入ってますね。

SMAP 012 VIVA AMIGOS SMAP 012 VIVA AMIGOS
SMAP (1998/06/18)
ビクターエンタテインメント
この商品の詳細を見る



これ以降は、プロデューサー以下制作スタッフが総入替えになったからか、豪華ミュージシャン路線がなくなってしまいあまり聴かなくなってしまいました。

ヒット曲はちょこちょこ出てるようですが、この頃のSMAPが曲としては一番勢いがあったと思います。
まあ、歌のうまいへたは別にして、本人達のキャラや元気の良さがバックの演奏でかなり引き立っていたように思えます。



とまあ、マイケル・ブレッカーのCDの紹介ではなくなってしまいましたが、それだけ色んなジャンルで大人気のプレイヤーなんですねえ。
これからもまた色んなのを紹介していきます。




人気blogランキングへ

FC2 Blog Ranking
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。